【Python matplotlib】「matplotlib」とは?インストール方法、グラフ(散布図・棒グラフ・等高線・ヒートマップ)などでの可視化や、グラフを複数表示する方法など、サンプルコードをともに、わかりやすくまとめました【おすすめ 本】

matplotlib python インストール 使い方 グラフ 散布図 棒グラフ 等高線 ヒートマップ 可視化 グラフ複数 サンプル コード おすすめ 本 subplot 00 matplotlib

「Natplotlib」は、Python のグラフ作成ライブラリの1つです。

  • グラフを描いたり
  • アニメーションを作ったり、
  • インタラクティブな可視化

をすることができます。

 

現在、Matplotlib を多くの方が使っている背景には、

アメリカの宇宙望遠鏡科学研究所がグラフ描画のソフトとして、Matplotlib を採用した経緯があり、

財政支援を得ながら発展した歴史があります。

 

Matplotlib の特徴の1つは、

  • 様々なオペレーティングシステムで動作する
  • 様々なフォーマットで出力できる

といった点があります。

クロスプラットフォームな描画エンジンと言えます。

  • 描画ソフトなににしよう?
  • とりあえず Matplotlib なら動くでしょ

という状況なわけです。

 

例えばデータ分析をする際には、まずデータの傾向を知る必要があります。

matplotlib は、Python から使うことができ、

手間をかけずにデータの可視化を行える、

とても使いやすい可視化ソフトです。

  • 散布図
  • 棒グラフ
  • 等高線
  • ヒートマップ

など、統計解析やデータ分析でよく使う図をサクッと作れます。

 

Matplotlib の描画の方法には、大きく分けて2種類のやり方があります。

(1), MATLAB に似た書き方で描画する方法

(2), オブジェクト指向で描画する方法

 

本記事では、

(1),MATLAB に沿った描画方法

でわかりやすく解説します。

こちらの描き方は、より直感的でわかりやすい描き方となっています。

Matplotlib を初めて使ってみる初学者の方は、とりあえずこちらの方法をやってみるのもおすすめです。

 

(2), オブジェクト指向で描画する方法

こちらの方法は、細かな設定を変えやすく、図を柔軟に変えやすい特徴があります。

この描き方についても他の記事で解説したいと思います。

よかったら、SNSなどフォローしておいてもらうと見逃さないかと思います。

 

【Python matplotlib】「matplotlib」とは?インストール方法、グラフ(散布図・棒グラフ・等高線・ヒートマップ)などでの可視化や、グラフを複数表示する方法など、サンプルコードをともに、わかりやすくまとめました【おすすめ 本】

 

matoplotllib のインストール方法

Matplotlib を Anaconda で使う(Windows へのインストールにもオススメ)

Anaconda をお使いの場合は、すでにイントールされています。

特にWindowsの方にもオススメです。

ちなみに本記事では、Anaconda の中で Matplotllib を使っていきます。

Anaconda ってなに?ってあなたは、こちらをどうぞ↓

【Python 環境構築】「Anaconda(アナコンダ)」とは?普通のPython環境との違いは?使うメリットはなに?についてサクッまとめました【anaconda python】

 

 

Matplotlib の公式パッケージをインストールする

以下で、Mac やWindowd,  Linux へのインストール方法をサクッとまとめておきます。

以下の2つのコマンドを順に実行してインストールします↓

$ python -m pip install -U pip

$ python -m pip install -U matplotlib

 

 

サードパーティのMatplotlib のインストール方法

Matplotlib を Mac にインストールする

Mac へのインストールは、Anaconda で使う場合と違い、複雑です。

  • macOS のバージョン
  • アーキテクチャの違い(x86, ppc, universal など)
  • libping や FreeType を前もってインストール

といった点があるからです。

ここで全ての場合を解説するのは無理なので、

インストール方法の1例をご紹介します。

(1), libping や FreeType を前もってインストール

Homebrew を使うならこちら↓

$ brew install limping freetype pkg-config

もしMacPorts を使うなら以下です↓

$ port install limping free type pkgconfig

 

(2), Matplotlib のインストール

Matplotlib をインストールするには以下のコマンドを使います

$ python -mpip install

 

Matplotlib を Linux にインストールする

(0). まず、Matplotlib のインストールに必要なものを先にインストールします。

Debian / Ubuntu へのインストール方法はこちら↓

$ sudo apt-get build-dep python-matplotlib

Fedora へのインストール方法はこちら↓

$ sudo def builddep python-matplotlib

RedHat の場合は、

$ yum-builddep 

$ su -c “yum-builddep python-matplotlib”

 

(1), ソースコードからインストールします

[1], 以下のどちらかを実行します

$ git clone git@github.com:matplotlib/matplotlib.git

もしくは

$ git clone git://github.com/matplotlib/matplotlib.giit

[2], matplotlib をインストールします

$ cd matplotlib

$ python -mpip install

 

それでは、ここからmatplotlibの使い方をわかりやすく解説していきます。

この先は会員限定になります。

会員の方はログインをお願いいたします。

登録がまだの方は、会員登録をお願いします。

>>> 会員登録はこちら

 

 

↓こちら無料で読めます

(Kindle Unlimited にご登録ください)

You need to be logged in to view the rest of the content. お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました