スポンサーリンク

【Python 文法 独学】Python の「辞書(dictionary)」とは?辞書の作成、空の辞書、辞書の使い方、削除方法など、サクッとまとめました【Python 学習 初心者】

スポンサーリンク
python 辞書 dict dictionary 作成 空 print 使い方 削除 型 サンプル コード 2 Python
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、「辞書dictionary)」という変数をご紹介します。

辞書は、複数のオブジェクトをまとまりにして扱えるのですが、リストやタプルとは違う特徴もあります。

そこで本記事では、

  • 辞書とは?と、辞書の作成、空の辞書
  • 辞書の使い方
  • 辞書の削除方法

などの基本知識をさくっと解説します。

辞書の基本操作に慣れてもらえたらと思います。

スポンサーリンク

【Python 文法 独学】Python の「辞書(dictionary)」とは?辞書の作成、空の辞書、辞書の使い方、削除方法など、サクッとまとめました【Python 学習 初心者】

Python の「辞書(dictionary)」とは

python 辞書 dict dictionary 作成 空 print 使い方 削除 サンプル コード

Python の辞書とは、

  • 複数のオブジェクトの集合
  • リストやタプルのように順番がない
  • 各要素には、区別するための目印「キー」がつく

といった変数です。

また、リストのように、中身を上書きできる

  • 辞書は、「可変性」の変数

になります。

 

例えば、

Dict_hensu1 = { ‘num1’ : 1, ‘num2’ : 2, ‘num3’ : 3 }

のような感じです。

複数のオブジェクトをまとめて扱えるメリットがあります。

 

 

Python 辞書の作成・定義方法は?

python 辞書 dict dictionary 作成 空 サンプル コード

辞書の作り方

Dict_hensu1 = { ‘num1’ : 1, ‘num2’ : 2, ‘num3’ : 3 }

を作ることを考えてみます。

(1), 左に辞書の変数名を書きます。

(今回は Dict_hensu1 にしましたが、なんでもいいです)

(2), 辞書全体を{  }で囲み、その中に、オブジェクト書きます。

それぞれの要素は「キー:オブジェクト」の形で書き、

, (カンマ)」で区切ります。

キーとオブジェクトの間は、「:(コロン)」で区切ります。

(3), 変数名と {  } を =(代入演算子)でつなぎます。

 

具体的には以下の感じです↓

python 辞書 dict dictionary 作成 空 print 使い方 削除 サンプル コード1

In[2] で、辞書を定義しています。

In[3] で、辞書の中身を確認するために、辞書の変数名を打ち込んでいます。

すると、Out[3] のように、きちんと辞書が作られていることがわかります。

In[4] では、print関数を使って、辞書の中身を確認しています。

 

 

空の辞書

Dict_kara = { }

のように書くと、{ }の中に何もない辞書が生成されます。

中身のない辞書を「空の辞書」と言います。

(注意:左の変数名(Dict_kara)は、なんでもオッケーです)

python 辞書 dict dictionary 作成 空 print 使い方 削除 サンプル コード2

In[8] で、空の辞書を定義しています。

In[9] で、辞書の中身を確認するために、辞書の変数名を打ち込んでいます。

すると、Out[9] のように、空の辞書が作られていることがわかります。

In[10] では、print関数を使って、辞書の中身を確認しています。

 

 

辞書を扱う上で、知っておくと役立つのが、要素の知識です。

Python 辞書の要素

python 辞書 dict dictionary要素 サンプル コード

カンマで区切られたそれぞれのキーとオブジェクトのペアを、その辞書の「要素(ようそ)」と呼びます。

Dict_hensu1 = { ‘num1’ : 1, ‘num2’ : 2, ‘num3’ : 3 }

なら、要素は num1 :1、num2 :2、num3 :3 になります。

 

 

Python 辞書の型とは?

python 辞書 dict dictionary 型 サンプル コード

変数には、型があることを学びましたが、

タプルのオブジェクトには、いろいろな型のオブジェクトを入れることができます。

例えば、

Dict_hensu2 = { num1: 123,  num2: ‘hello’, num3: 5.67 }

のような感じで、

  • 1つ目は、キーがnum1の整数型オブジェクト 123
  • 2つ目は、キーがnum2の文字列オブジェクト hello
  • 3つ目は、キーがnum3の浮動小数点型オブジェクト5.67

など、

1つの辞書には、型が違うオブジェクトを入れることが可能です。

 

ちなみに、型ってなに?って方は以下の記事もどうぞ↓

【Python 文法 独学】Python の「型(type)」とは?型の確認方法は?などについて、サクッとまとめました【Python 学習 初心者】

 

 

Python 辞書の使い方

Python 辞書を表示する:print 関数を使う

辞書を表示するには、print関数を使えます。

print(辞書の変数名)

のように使います。

python 辞書 dict dictionary 作成 空 print 使い方 削除 サンプル コード3

In[13] で、辞書を定義しています。

In[14] で、辞書の中身を確認するために、print関数を使って、辞書の中身を確認しています。

 

 

Python 辞書の削除方法とは?

python 辞書 dict dictionary 削除 サンプル コード

Python 辞書の削除は、「del 関数」が使えます。

del(辞書の変数名)

とすると、辞書が削除されます。

( del は、削除する( delete )の略です)

使い方は以下のような感じです↓

python 辞書 dict dictionary 作成 空 print 使い方 削除 サンプル コード4

In[16] で、辞書を定義しています。

In[17] では、del 関数を使って、辞書を削除しています。

In[20] では、辞書が削除したか確かめています。

“NameError: name ‘Dict_hensu1’ is not defined

“名前 Dict_hensu1 が定義されてないですよ”

と出ています。

In[16] で作成したタプルが削除されたことがわかります。

 

 

 

というわけで、本記事では、

  • 辞書とは?と、辞書の作成、空の辞書
  • 辞書の使い方
  • 辞書の削除方法

などの基本知識をさくっと解説しました。

 

 

 

こちらもございます↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました