スポンサーリンク

【Python 文法 独学】Python の「算術演算子」とは?具体的にどんなものがあるの?について、サクッとまとめました【Python 学習 初心者】

スポンサーリンク
Python
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、Pythonの「算術(さんじゅつ)演算子(えんざんし)」について、

  • Python の算術演算子とは?
  • 算術演算子には、どんなものがあるの?

について、Python 初心者向けにサクッと解説します。

 

本記事を読むことで、あなたは

  • Python の算術演算子の知識
  • Python の算術演算子に種類

について理解することができます。

スポンサーリンク

【Python 文法 独学】Python の「算術演算子」とは?具体的にどんなものがあるの?について、サクッとまとめました【Python 学習 初心者】

Python の算術演算子とは

python 演算子 算術演算子

算術(さんじゅつ)っていうと難しく聞こえますが、

要するに、足す・引く・かける・割る、などのことです。

小学校で習った計算

  • 1+2
  • 5−3
  • 2×4
  • 8÷2

などの計算を、Python を使っても出来ますよ

という話です。

そのとき使うのが、算術演算子になります。

 

Python の算術演算子の種類

python 演算子 算術演算子2

Python で用意されている算術演算子について紹介します。

  • 算数で習ったなじみのある演算
  • プログラミング独特の演算

の2種類があります。

 

プログラミング初心者の方は、特に、

プログラミング特有の演算子

に注目して、理解をしてほしいと思います。

 

算数で習ったなじみのある演算

足し算、引き算、かけ算、べき乗、あまりの計算ができます。

  • 足し算は「演算子
  • 引き算は「演算子
  • かけ算は「*演算子(アスタリスク)
  • べき乗の計算は「**演算子(アスタリスクを2つ)
  • あまりの計算は、「演算子

を使い、Pythonで計算することができます。

 

Python 算術演算のサンプルコード(1)

Python 演算子 算術演算子 サンプル コード1

  • In[2] では、足し算をそのまま数字を打ち込んで計算しています。結果が Out[2] として出力されています。
  • In[3] では引き算
  • In[4] ではかけ
  • In[5] ではべき乗の計算
  • In[6] ではあまりの計算

をして、結果が Out[x] として出力されています。

どれも正しく出力されていることが確認できます。

 

実際のプログラムでは、数字を直接打ち込んで使うことはほとんどないかと思います。

実際は、最初に変数を定義しておいて、変数同士の演算をプログラミングします。

そうすることで、変数の中身を変えることで、違う数字の計算を同じプログラムで行うことができるからです。

 

Python 算術演算のサンプルコード(2)

Python 演算子 算術演算子 サンプル コード2

In[7], In[8] で、変数A, Bを定義して、10と3をそれぞれ代入しています。

In[9] では、変数Aと変数Bを+演算子でつないでいます。

Out[9]に、その結果として、10+3=13の13が正しく出力されています。

このように、

変数名を演算子でつなぐことで、

変数の中身同士を使った、目的の計算を行うことができます。

以下、In[10] では引き算In[11]ではかけ算、In[12]ではべき乗の計算In[13]ではあまりの計算が正しく実行されていることがわかります。

 

プログラミング独特の演算:わり算

わり算は、プログラミング特有の考え方の理解をしておくことが役立ちます。

結論からいうと、わり算をする演算子には、2つがあります。

  • わり算(答えを小数で出す時)は、/」(スラッシュ)
  • わり算(答えを整数で出す時)は、//」(スラッシュ2本)

の2つを使い分けることになります。

Python 算術演算のサンプルコード(3)

Python 演算子 算術演算子 わり算 サンプル コード1

具体的に計算してみると、

10/3では、答えは小数 3.333333

10//3では、答えは整数 3

で出力されるのがわかります。

 

Python 算術演算のサンプルコード(4)

Python 演算子 算術演算子 わり算 サンプル コード2

変数を使って、計算してみても同様の結果が見て取れます。

ちなみに、In[6] のように、

1行にいくつかの命令を書くには、

; (セミコロン)」で区切ります。

 

 

わり算には、演算子が2つある理由とは

Python わり算 割り算 除法

答えを小数か整数にするかで違うの?

と思われるかと思います。

 

どういうことか以下で解説しますね。

例えば、3つの変数 A,  B を考えます。

A = 6

B = 2

のような感じです。

次に、A÷Bのわり算を実行して、その結果をCに代入したいとします。

C = A ÷ B

のような感じです。

(Python では÷は使わないのですが、ここではわかりやすさのために使っています)

A ÷ B

の中では、6÷2 をコンピュータが計算するわけですが、

私たちは普通、3(整数)として答えを出しますよね。

でも、これ、3.0(小数)としても正しいですよね。

つまり、

Cに代入される答えは、整数でも小数でもいい

というわけです。

 

整数でも小数どっちでもいいじゃん?

と思われるかもしれませんが、そうじゃないんです。

 

コンピュータ 内部 計算 整数 小数

  • コンピュータは内部で、整数と小数は、別の扱い方をしています

なので、

  • コンピュータにとって、整数か小数かは、大きな問題

になります。

 

私たちが Python でわり算をするときには、

わり算の結果を、整数型で出すのか、小数型で出すのか、指定してあげる必要があります

 

なので、わり算をする演算子には、2つあるわけです。

  • わり算(答えを小数で出す)は、/」(スラッシュ)
  • わり算(答えを整数で出す)は、//」(スラッシュ2本)

の2つを使い分けることになります。

 

本記事を読むことで、あなたは

  • Python の演算子、算術演算子の知識
  • Python の算術演算子に種類

について習得できました!

bサイン

 

というわけで、今回は、

Pythonの「算術(さんじゅつ)演算子(えんざんし)」について、

  • Python の演算子(えんざんし)とは?
  • Python の算術演算子とは?
  • 算術演算子には、どんなものがあるの?

について、Python 初心者向けにサクッと解説しました。

 

 

 

こちらもございます↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました