【Python 文法 独学】Python の「比較演算子」とは?具体的にどんなものがあるの?について、サクッとまとめました【Python 学習 初心者】

Python 演算子 比較演算子 ノットイコール サンプル コード Python

今回は、Pythonの「比較演算子」について、

  • Python の比較演算子とは?
  • 比較演算子には、どんなものがあるの?

について、Python 初心者向けにサクッと解説します。

 

本記事を読むことで、あなたは

  • Python の比較演算子の知識
  • Python の比較演算子に種類

について理解することができます。

 

 

【Python 文法 独学】Python の「比較演算子」とは?具体的にどんなものがあるの?について、サクッとまとめました【Python 学習 初心者】

Python の比較演算とは?

比較演算というと、難しく聞こえますが、

要するに、大きいか、等しいか、小さいか、などのことです。

数学で習った等号や不等号の話になります。

 

比較演算1(不等号を使ったもの)

python 比較 比較演算子 演算子

不等式には、

(1), 1 < 2

(2), 1 >

などのものがあります。

 

え?(1)の不等号は正しいけど、

(2)の不等号は成り立たないよね?

と思われたかもしれません。

 

その通りでして、数学で使っていたのは、

正しい不等号を書いていたことが圧倒的に多かったかと思います。

 

プログラミングでの比較演算には、

不等号でつながったものが正しいか・正しくないか調べる

という演算があります。

例えば、

  • < 2

不等号の向きが正しいので、この式が正しいです。

これをプログラミングでは「真(True)」と表現します。

  • >

不等号の向きが正しくないので、この式は間違いです。

これを「偽(False)」と表現します。

 

比較演算2(「等号2つ」や「ノットイコール」を使ったもの)

python 比較演算子 ノットイコール

他にも、比較演算には、

  • 2つが同じか(等号が成り立つか)どうか調べる演算
  • 2つが違うか(等号が成り立たないか)どうか調べる演算

もあります。

 

2つが同じか(等号を成り立つか)調べるには、

等号が2つ並んだ「==」という演算子を使います。

 

例えば、

 

この先は会員限定になります。

会員の方はログインをお願いいたします。

登録がまだの方は、会員登録をお願いします。

>>> 会員登録はこちら

 

↓こちら無料で読めます

比較演算については、以下の書籍でも詳しく解説しています。

 

You need to be logged in to view the rest of the content. お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました