スポンサーリンク

【Python 文法 独学】Python の「代入」について、代入とは?代入での注意点など、サクッとまとめました【Python 学習 初心者】

スポンサーリンク
Python 代入 代入演算子 予約語 命名規則 初心者 入門 基本 基礎 2 Python
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、Pythonの「代入(だいにゅう)」について、

  • 代入とは?
  • 代入の注意点とは
  • Pythonでの代入の使い方

について、Python 初心者向けにサクッと解説します。

 

本記事を読むことで、あなたは、

  • 代入とは?
  • 代入演算子の使い方
  • 代入するときの注意点

について習得することができます。

スポンサーリンク

【Python 文法 独学】Python の「代入」について、代入とは?代入での注意点など、サクッとまとめました【Python 学習 初心者】

Python の 代入とは?

Python 代入 イメージ

「代入」とは、変数に、値などを割り当てること、を言います。

 

変数ってなに?って方は、こちらの記事をどうぞ↓

【Python 文法 独学】Python の「変数」について、変数とは?変数名のコツなど、サクッとまとめました【Python 学習 初心者】

 

上の記事でも説明したように、

変数はデータの置き場です。

ただし、変数は、定義しただけでは、中身は空っぽです。

空っぽの中に、データを入れる操作が「代入」になります。

 

 

Python で代入の具体例

Python 代入 やり方 代入演算子 使い方 サンプル0

Python で変数にデータを代入するには、

In[3]のように書きます。

xyz = 567

変数名は「xyz」で、変数名の右側に入れたいもの「567」を書いて、

代入演算子「=」でつなげばオッケーです。

これで、変数の入れ物に、「567」というデータを入れたことになります。

一応、きちんと代入できているかprint関数で確かめてみますね。

Python 代入 やり方 代入演算子 使い方 サンプル1

確かに、xyzの中に567が入っています。

 

このように、

代入演算子「=」を使うことで、

  • 「=」の左側の変数に入れる
  • 「=」の右側のデータを

ことができます。

 

繰り返しになりますが、「=」のことを「代入演算子」と呼びますので覚えておきましょう!

 

Python で代入するときの注意点

注意点

例えば、以下のようなプログラムがあったとします。

a = 567

 

数学の感覚で見てしまうと、

  • a は 567 は等しい

という意味になります。

 

でも、Pythonでは違います。

」は「代入演算子」で、

  • 「右(データ)」のものを「左(変数)」に代入する

という意味になります。

なので、a = 567 は、

567を、aという変数に、代入する

という意味になります。

 

こんなのわかるよ〜

と思われるかもしれません。

 

注意点2

次の例をみてください。

abc = xyz

これだと、Python と 数学の区別をつけておかないと、

あれ?

となってしまうかもしれません。

 

abc = xyz

の意味を説明しますね。

abcは、=の右側にあるので、代入される変数名です。

xyzは、=の左側にあるので、代入するデータです。

つまり、abcは変数名、xyzは(文字列の)データとなります。

 

 

Python で使われている「=」は、数学の「=」と違います。

Pythonプログラムの「=」は、数学の「=」と意味が違います。慣れるまで注意してくださいね。

 

  • Python の「=」は、代入演算子
  • 「=」の右側は、代入される変数名
  • 「=」の左側は、代入するデータ

と理解しておけばオッケーです。

 

 

本記事で、あなたは、

  • 代入とは?
  • 代入演算子の使い方
  • 代入するときの注意点

を学びました!

bサイン

 

 

というわけで、本記事では、

Pythonの「代入(だいにゅう)」について、

  • 代入とは?
  • 代入の注意点とは
  • Pythonでの代入の使い方

について、Python 初心者向けにサクッと解説しました。

 

 

 

こちらもございます↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました