スポンサーリンク

【Python 入門】Pythonエンジニアの「年収」ってどのくらい?についてまとめました【Python 初心者向け】

スポンサーリンク
Python 年収 入門 初心者 基本 基礎 2 Python
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

プログラミングに入門したい初心者の方は、

Pythonを学ぶのがおすすめなんですが、

その理由やメリットについて、以下の記事でご紹介しました↓

【Python 入門】Pythonを学ぶ「メリット」について、サクッとまとめました【Python 初心者向け】

 

 

Python 年収 メリット 入門 初心者

Pythonを身につけるメリットはわかったんだけど、

  • 実際、どのくらい稼げるの?

といった疑問を持つ方も多いかと思います。

 

そこで、本記事では、

Pythonを身につけると、どのくらいお得なのか、

給与として数字を示しながら、まとめたいと思います。

スポンサーリンク

【Python 入門】Pythonエンジニアの「年収」ってどのくらい?についてまとめました【Python 初心者向け】

Pythonを使って仕事をする場合に、気にあるのは年収ですよね。

Pythonを使う職種には、例えば

  • Pythonプログラマ
  • Pythonエンジニア

といったものを思いつく方が多いかもしれません。

 

 

Python 年収 職種 入門 初心者

この他の仕事でも、

Pythonを使って成果を挙げている方は多くいます。

例えば、

  • 一般のビジネスパーソンでも、Pythonで自分の業務を効率化・自動化して成果をあげる方
  • エンジニアの方で、Pythonで業務のためのソフトやアプリを作成して成果をあげる方
  • 研究者の方で、研究のツールとしてPythonを使いこなしている方

など、多種多様の職種の方がいます。

 

しかし、Pythonを使って仕事をする方すべての年収を集計するのは難しいです。

 

ここでは集計可能なように、

Pythonを使えるエンジニアの正社員は、平均いくらくらいもらっているのか?

という点に絞ってご紹介したいと思います。

 

Pythonエンジニアの年収は?

Python 年収 エンジニア 入門 初心者

集計の結果、

Pythonを使えるエンジニアの年収の中央値は、

約575万円

となっています。

 

 

「中央値」と「平均値」って?

Python 年収 中央値 平均値

え?中央値って?

と思われる方も多いかと思います。

 

中央値」というのは、

集計したデータの1つひとつを、

値の小さい順に並べていきます。

小さい順に並んだデータの列の中から、

真ん中の値を取り出します。

それが中央値です。

イメージとしては、平均値のような値になります。

 

平均値」は、データが正規分布という形に近い時に使われます。

しかし、年収のデータでは、

データが正規分布の形にはなりにくいので、平均値が適しません。

なので、代わりに中央値を使うというわけです。

 

 

 

日本人のビジネスパーソンの年収は?

Python 年収 ビジネスパーソン 入門 初心者

Pythonエンジニアの年収の寡多について考えるために、

他の年収データと比較してみたいと思います。

 

1番わかりやすい例としては、

日本人のビジネスパーソンの年収と比較するといいですよね。

 

ビジネスパーソン全体の年収の中央値は

約360万円

と出ています。

 

 

 

Pythonエンジニアって稼げるの?

Python 年収 ビジネスパーソン 比較 入門 初心者 

Pythonを使えるエンジニアの年収は、

約575万円

一般的なビジネスパーソンの年収は、

約360万円

という結果が出ています。

 

 

Python 年収 稼げる 入門 初心者

つまり、Pythonを使えると、

  • 年収として、「1.6倍」多く稼げる
  • 額としては、「毎年200万円以上」多く稼げる

と言えます。

 

加えて、Pythonを使えるエンジニアは、

  • 最大で年収1500万円

を稼いでいます。

 

サラリーマンで年収1500万円を稼ぐためには、

  • 会社規模が大きい
  • 役員・管理職への出世
  • 外資系(英語が必須である場合が多い)

など、条件が必要になるかと思います。

 

そういう意味では、

Pythonを使えると、高収入への道も開きやすい

と言えるかと思います。

 

 

 

Pythonで年収をあげる別の方法

Python 年収 副収入 副業 入門 初心者

Pythonを専門的に使う仕事でなくても、

Pythonを学ぶメリットは大きくあります。

 

例えば、

  • 趣味として作ったアプリで副収入を得る

といった稼ぎ方も可能です。

Pythonは覚えやすく書きやすい言語です。

加えて、ライブラリが充実しています。

なので、アプリなどをより短時間で効率的に作成することもできます。

副業プログラマとして、

  • 副収入を得やすいプログラミング言語

と言えます。

 

 

 

 

Pythonを学ぶと得られる、年収以外のメリット

Python 年収 業務効率化 入門 初心者

Pythonは、通常業務を効率化・自動化するためのツールとしても非常に重宝します。

Pythonを活用することで、

  • 面倒な単純作業から解放される
  • 仕事をラクにできる
  • 毎日の残業が減る

などの、収入以外の大きなメリットが生み出せます。

仕事以外の他のことに時間を使え、

より自由のある人生を送ることができますよね。

 

 

 

というわけで、本記事では、

Pythonを身につけると、どのくらいお得なのか、

給与として数字を示しながら、まとめました。

 

 

 

こちらもございます↓

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました